本文へスキップ

寛ぎと京料理を楽しむひととき

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.075-341-3376

ご宿泊プランのご予約

鴨川納涼床yuka of kamo river

京の夏の風物詩”鴨川納涼床”の歴史

戦乱の後、豊臣秀吉の三条、五条橋での架け替えなどを経て、鴨川の河原は見世物や物売りで賑わい始めます。それにともない、河原に茶店ができたり、富裕な商人が河原に席を設けたりするようになりました。これが川床の起源といわれ、特に祇園会(祭)のときには神輿洗いを見物するため大変な賑わいとなったそうです。寛文年間には石垣や堤が整備され、近くに先斗町、宮川町などの花街も形成され、北座・南座の芝居小屋もできるなど、一層繁華になり、江戸中期には約400軒の茶屋が床机の数を決めるなど組織化されていたようです。当時の床は浅瀬に床机を置いたり、張り出し式や鴨川の砂洲に床机を並べたりしたもので「河原の涼み」と呼ばれました。明治になって、7・8月に床を出すのが定着しました。四条大橋を中心に鴨川の右岸、左岸両方に床が出ていました。砂洲には床机が、両岸には高床式の床が出て、三条大橋の下は河原から張り出した床(写真)などで賑わったようです。 明治27年の二条以南の鴨川運河開削や大正4年の京阪電車の延伸により左岸の床が姿を消します。大正時代には、治水工事が行われ川の流れが速くなったため、床机形式の床がなくなり、この工事によりできた禊川の上に高床式の床が出されるようになりました。


田鶴の納涼料理 5月~9月(昼床は5月と9月のみ) 2013年5月より全席椅子テーブル席に一新致しました!

京料理田鶴 夏のお料理







鴨川納涼床のご予約は下記から(鴨川納涼床プラン5月~9月をお選びくださいませ)





5月~9月 鴨川・東山コースの一例
【8000円(消費税別・サービス料別)お料理の一例】  

 +2000円(消費税別・サービス料別)で”鱧の落とし”をお付けできます。(東山コース)

一 先 附  炙りトマト豆腐 蛍烏賊沖漬 新順才山芋かげん酢

一 お 椀  新蓮根餅 鱧葛打ち 青味 梅肉

一 向 附  季節の鮮魚 三種 あしらい

一 焼 肴  鮎塩焼き 新甘藷 豆板 はじかみ

一 中 皿  海縕うどん 金紙玉子 海老 茗荷

一 蒸 物  鴨饅頭 枝豆あんかけ 万願寺

一 強 肴  夏野菜冷し鉢 加茂茄子 冬瓜 新小芋 蛸柔煮 はす芋

一 御 飯  季節の御飯

一 香 物  京漬物

一 水 物  季節の物


※時季によりお料理内容・器につきましては変更させて頂く場合がございます。

           



5月~9月お昼の清水コース
※お昼の鴨川納涼床ご利用は5月と9月のみ
【4700円(消費税別・サービス料別)お料理の一例

一 先 附 季節の物盛り合わせ

一 お 椀 鱧粟麩月冠 青味 梅肉

一 向 附 季節の鮮魚 二種盛り あしらい

一 焼 肴 サーモン(鰆)幽庵焼き 

一 合 肴 冷し素麺 金紙玉子 胡瓜 海老

一 蒸 物 鴨饅頭 枝豆あんかけ

一 御 飯 季節の御飯

一 香 物 

一 水 物 季節のもの



※時季により料理内容・器は変更させて頂く場合があります。




店舗写真

information店舗情報

田 鶴 TAZURU

〒600-8015 京都市下京区木屋町通
    松原上る美濃屋町179-1
    179-1 Minoya-cho, Kiyamachi-dori-Matsubara-agaru, Shimogyo-ku, Kyoto City
TEL.075-341-3376 FAX.075-341-3591
→アクセス access